クレジットカードを使っている人の体験談

便利さにはまって使いすぎ、反省して解約した体験談

20代男性の体験談です。
クレジットカードを作った当時20歳、現在は23歳。
当時郵便局員での期間雇用社員として働いていました。
仕事内容は配達、収集、営業。
実家で両親と暮らしています。父母兄妹の5人家族です。
当時の月収は18ー22万でした。時給制なため波があります。

有名なものを、とVISAカードに

当時クレジットカードに対して知識が乏しく、
とにかく有名なものならなんでもいいという考えで
VISAカードを作りました。
リボ払いなどのシステムがあることを知ったのも作ったあとでした。
当時ネットゲームにはまっていて、ネットゲームへ課金をする際に
コンビニでウェブマネーを毎回買いに行っていましたが、
クレジットカードをつくれば簡単なのでは、と思ったのがきっかけでした。
他にも携帯ゲームやネットでの買い物なども手軽になると思い、
作ろうということになりました。
まずはネットでどこのクレジットカード会社が良いのか軽く調べました。
しかもどこも短所あり長所ありということを知り…
そのままVISAのサイトへ行き、書類を送っていただく申請をしました。
現在このカードは解約してしまいましたが、
当時はネットゲームへの課金から始まり、
アマゾンなどでの買い物までいろいろと使いました。
仕事が忙しく買い物へ行く時間があまりなかったため、
ほとんどの買い物をネット通販でまかない、
その支払いはすべてこのカードで済ませていました。

便利さにはまるも、使いすぎに反省して解約

当時の自分にとって、クレジットカードの便利さは革命でした。
わざわざコンビニへ行かなくていいという開放感、
好きな時に必要なだけ購入できるという便利さ、
すべてがプラスに感じました。
しかし月末の引き落としの請求額を見たりするたびに
少し抑えようと思うようになり
クレジットカードでの買い物は徐々に減少していきました。
便利さを考えればこれ以上のものはないと思うほどでしたが、
お金が目に見えない、どれだけ使っているのか把握できない
ということに疲れ、これではだめだと思い、使用をやめました。